ペット葬儀で人気のある移動火葬車と納骨堂の魅力

多頭飼いに選ばれているペット葬儀サービスのすべて

ペット葬儀の需要

複数の犬

近年ペットを家族として扱い愛情をかける方が増え、ペット葬儀の需要も高まっています。多頭飼いをしている際のペット葬儀はどのように進めたら良いでしょうか。

多頭飼いのペット葬儀

多頭飼いのペットが亡くなった場合、飼い主やその家族だけではなく、ぜひ他のペットたちも葬儀に参加させてあげてください。一緒に生活をしていた仲間に見送られることで、亡くなったペットも安らかに旅立てることでしょう。最近では移動火葬車という火葬炉を備えた専用車両で自宅まで来てくれるペット葬儀業者もあるので、ご自宅で低料金での葬儀も可能です。ペットたちが幸せで安心に暮らしてきた、思い出のつまったご自宅でお見送りをしてあげましょう。

納骨堂へ眠らせる

火葬後はペットの遺骨を納骨する必要があります。お墓を用意するのもいいのですが、もし多頭飼いをしているなら納骨堂の利用をおすすめします。通常のお墓よりもコストがかかりませんし、スペースが広いので再びペット葬儀をすることになっても利用できるでしょう。また、ほとんどの納骨堂は屋内なので、お参りに訪れた際にも天気を気にせずゆっくりできます。

経験者の話

私は多頭飼いをしているのですが、一人だけ納骨するのはかわいそうなので、しばらく手元供養をしていました。(30代/女性)

私は以前4匹の犬を飼っていたのですが、そのうちの1匹が亡くなったときは、しばらく手元供養をしていました。どこかに納骨をしようかと考えましたが、転勤や引っ越しの可能性もあり、そうなるとその子だけ離れてしまうからです。それから数年して、みんなが亡くなった後は寂しくないようにと、納骨堂を利用して同じ場所に眠らせてあげました。

犬は仲間の死を理解する

三匹の犬

もし犬を多頭飼いしているのなら、1匹が亡くなってペット葬儀をするときには他の犬にも配慮をした方が良さそうです。実は、犬は仲間が居なくなってしまったことを理解している可能性があると言われています。亡くなった犬の遺体から離れようとしない、葬儀のセレモニー時に悲しげに鳴くなど、人間と同じような反応を示すことがあります。もちろん本当の気持ちは犬に聞いてみないとわかりませんが、彼らにも仲間の死を悼む感情があるのかもしれません。

多頭飼いなら要注意~ペットもペットロスになる~

ペットを失ったことをきっかけに心身が不安定になることをペットロスと呼びますが、それは飼い主だけではなく同居している他のペットにも起こり得るようです。

ペットロスは飼い主だけじゃない?

犬は仲間の死を理解するそうですが、人間のように落ち込むことはあるのですか?
多頭飼いで1匹の犬が亡くなったとき、他の犬に影響が出るケースもあります。食欲がなくなったり、活発さがなくなったり、脱毛が激しくなるなど、人間でいうペットロスのような症状が出てきます。ただし、あまり長く続くようだとそれとは別の病気が原因となっている可能性もありますので、一度行きつけの獣医さんなどに相談をしてみましょう。

飼い主の感情が伝わることもある

仲間の犬が亡くなってしまった悲しさから別の犬がペットロスになる可能性もありますが、実際は飼い主のペットロスが伝染してしまっているのではないかという見方もあります。ご存じの通り、犬は飼い主の行動や感情に敏感な生き物です。ペットロスで落ち込んでいる飼い主を見て心配になったり、不安を感じたりしているかもしれません。

TOPボタン
多頭飼いにおすすめ!ペット葬儀で人気の移動火葬車と納骨堂