ペット葬儀後の納骨に選ばれている納骨堂の特徴と供養の方法

多頭飼いに選ばれているペット葬儀サービスのすべて

手元供養後の納骨堂~飼い主が納得できる供養~

火葬したペットの遺骨が戻った後は手元供養を続けることもできますし、タイミングを見て納骨堂へ移すこともできます。

火葬後の遺骨の取り扱い

ペットの遺骨は飼い主が自由に扱っても法的には問題がなく、また何が一番良いという決まりもありません。亡くなったペットの飼い主、一緒に面倒を看ていた家族や残されたペットたちが寂しい思いをしない供養を一番に考えてみてください。

手元供養の方法~多頭飼いの場合~

しばらくは手元供養をしようと思うのですが、他の犬に遺骨が壊されないか心配です。
自宅でペットを手元供養する飼い主が増え、場所を取らないコンパクトな作りの自宅供養用のグッズも多数発売されています。もし、他の犬に遺骨を壊されないか心配、ということであれば、そういったグッズを利用してコンパクトに遺骨を保管する方法もあります。あるいは粉骨してパウダー状にし、小さめの骨壷やカプセルに入れ、残りをお庭やお花にまいて供養するのも良いでしょう。
納骨堂へは他のペットと一緒に入れたいのですが、長い間手元供養をしていても大丈夫でしょうか?
ペットの遺骨を自宅で保管するのは、法的に見ても問題ありません。亡くなったペットの魂は飼い主や他のペットたちに見送られて成仏しています。魂は遺骨に宿るものではありませんので安心して手元供養してあげてください。むしろ他のペットたちが元気な間は自宅で、みんなが亡くなった後は一緒に納骨堂へ入れてあげた方が寂しい思いをしないかもしれません。

納骨堂を利用する時

納骨堂には棚型のタイプやコインロッカータイプなどがあります。サイズや価格もそれぞれなので、現地で実際に見て確認しておくことをおすすめします。定期的にお参りするのなら、自宅からのアクセスの良さも大きなポイントの一つです。当面手元供養をすることが決まっていても、いずれ納骨堂を利用する予定なら前もって調べておいた方が良いでしょう。

手元供養から納骨堂の利用は一般的

写真

ペット葬儀を終えた後、しばらくは手元で供養し、折を見て納骨堂やお墓へ納骨するケースも珍しくありません。ペットを家族と同様に扱っていたのであれば、死後にきちんとしたお墓や納骨堂で供養してあげることも自然なことと言えるでしょう。

TOPボタン
納骨と供養|多頭飼いにおすすめ!ペット葬儀で人気の移動火葬車と納骨堂