ペット葬儀後も注意!多頭飼いに見られるペットロスの症状と克服法

多頭飼いに選ばれているペット葬儀サービスのすべて

飼い主とペットで悲しみを乗り越える~残された犬の気持ち~

飼い主が大切なペットを失った悲しみから心や体のバランスを崩してしまう「ペットロス」ですが、残された他のペットたちはどう感じているのでしょう。

多頭飼いだからこそ起こりうる事

多頭飼いをしている場合、残されたペットたちにもペットロスのような症状が出ることが知られています。代表的な症状としては、摂食障害、異常行動、不眠などが多いようです。亡くなったペットとの関係性も大きく影響しているようですが、これまでと環境が変わることを敏感に感じとり、不安やストレスを覚えてしまうのかもしれません。

ペットのペットロス症状

食欲がない
以前までは積極的にエサやおやつを食べていたのに、仲間のペットが亡くなった後からエサの量や回数が減ってしまい、おやつも食べなくなってしまうケースがあります。加齢や体調によって食べる量は変化していきますが、極端に減ってしまったらペットロスの症状かもしれません。
元気がない
いつも元気で散歩が好きだったのに、ペット葬儀の後は散歩に出ても元気がなく、自宅でも終日ぼーっとしているというのもよく聞くパターンです。単純に遊び相手がいなくなって退屈しているだけかもしれませんが、元気のない状態が長く続くようなら要注意です。
甘えるようになる
残されたペットが急に甘えるようになることもあります。いつも一緒にいた存在がある日突然いなくなるのは、飼い主にとってはもちろん、他のペットにとっても寂しいことです。ペットの性格によっては、その寂しさのはけ口を飼い主に求め、以前よりも甘えんぼうになってしまうようです。

飼い主もペットも立ち直る秘訣

ペットを大切にすればするほど、失ったときの悲しみは大きくなります。また、それだけ愛情が深ければ一緒にいるペット同士も自然と仲が良くなり、仲間意識が強くなります。そういう飼い主やペットたちは、ペットロスを避けられないのかもしれません。しかし、飼い主が以前と変わらぬ愛情を残ったペットたちに注ぎ、かわいがっていけばペットたちも安心することができるでしょう。また、飼い主自身も他のペットの世話をすることで気持ちに張りが生まれ、前向きな感情が出てくるはずです。それこそがペットロス克服の第一歩です。

TOPボタン
ペットロスの影響|多頭飼いにおすすめ!ペット葬儀で人気の移動火葬車と納骨堂